おすすめ記事

日銀の金融緩和修正で市場との対話に課題-「信頼失った」との苦言も

記事を要約すると以下のとおり。

日本銀行が20日に踏み切った想定外の金融緩和政策の修正は市場との対話に課題を残した。
しかし、会見や国会答弁などで可能性を問われた黒田東彦総裁ら日銀幹部は事実上の利上げであり、金融緩和効果を阻害するとして否定的な見解を繰り返していた。
変動幅拡大は市場機能改善が目的、「利上げではない」-日銀総裁  三菱UFJリサーチ&コンサルティングの小林真一郎主席研究員も、「黒田総裁の発言をもう誰も信じないとし、「これは日銀にとって大きな損失だと指摘する。
事実上の利上げと受け止めた市場では、さらなる政策修正に対する臆測が広がっている。
 長期金利を必要以上に不安定化させ、金融市場調節を困難にする可能性もあるとみている。
 日銀がこのタイミングで政策修正に踏み切った背景には、来年4月8日に黒田総裁が任期満了を迎えることから、新体制下での金融政策の点検・検証や、政府との共同声明の見直しを急ぐ必要は薄れたとしている。
 IMFアジア太平洋局局長補で日本担当ミッション・チーフのラニル・サルガド氏は声明で、「日銀のインフレ目標達成に向けたコミットメントの信頼性を強化するのに役立つだろうと述べ、情報発信が最適ではないことを示唆した。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 日銀の金融緩和修正で市場との対話に課題-「信頼失った」との苦言も

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう