おすすめ記事

日銀は長期金利の柔軟化を、変動幅拡大や年限短期化も選択肢-IMF

記事を要約すると以下のとおり。

国際通貨基金(IMF)は26日に公表した日本経済に関する審査(対日4条協議)報告書で、日本銀行の金融政策運営について長期金利変動のさらなる柔軟化が必要と提言した。
 こうした柔軟性は、持続的な名目賃金の上昇と経済回復に下支えされ、「物価上昇圧力がより粘着的なものと見受けられる場合には、自動的に長期金利の上昇をもたらすと予想。」
同時に政策金利を徐々に変更する際の前提条件に関するガイダンスを提供することは「市場の期待を安定化させ、物価目標達成に向けた日銀のコミットメントの信頼性を高めることに資する」との見解を示した。
IMFの報告書では、金融政策の変更について「十分なコミュニケーションが行われるべきである」と記した。
昨年の急激な円安は「主に金利差を反映したもの」とした上で、介入の効果は「恐らく一時的」と指摘。
昨年10月に閣議決定した大規模な経済対策によって財政余地は一段とひっ迫したとし、楽観的な経済成長率見通しと補正予算の常態化に警鐘を鳴らした。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 日銀は長期金利の柔軟化を、変動幅拡大や年限短期化も選択肢-IMF

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう