おすすめ記事

日銀はYCCと量的・質的緩和の撤廃、段階的利上げ検討を-IMF

記事を要約すると以下のとおり。

国際通貨基金(IMF)は9日、日本銀行は非伝統的な金融政策を縮小するべきだとの見解を示した。
 IMFのギータ・ゴピナート筆頭副専務理事は都内で記者会見し、「持続的に物価2%を達成する可能性はますます高まっているようだと指摘。」
日銀は長期金利の柔軟化を、変動幅拡大や年限短期化も選択肢-IMF  IMFは、こうした政策転換は市場の期待を安定させるために「段階的かつ十分なコミュニケーションを伴うアプローチが必要である」とも指摘。
政府とIMFは総合CPI、日銀はコアCPI財政政策  IMFは、政府がデフレからの完全脱却を掲げて昨年11月に決定した経済政策について、規模が大きい上、的が絞られておらず、「妥当ではなかったと評価。」
 防衛力強化やグリーン・デジタル化、子ども政策に当てられる追加歳出を賄うといった歳入歳出両面からの財政再建の必要性を強調している。
拡張的な補正予算は「予期せぬ大きな経済ショックが発生した場合のみに限定」されるよう、予算策定プロセスの改善を政府に求めている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 日銀はYCCと量的・質的緩和の撤廃、段階的利上げ検討を-IMF

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう