おすすめ記事

日銀や米FRBなど金融政策決定が今週集中-国ごとの相違浮き彫りか

記事を要約すると以下のとおり。

世界の投資家は今週、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長率いる金融当局者の利下げ見通しに変化があるかや、日本銀行がマイナス金利政策解除に踏み切るか、それとも4月まで待つかなどの情報を得ることになりそうだ。
一部の国々は他の国々は他の国々に比べ、国内で一段と強めの物価上昇圧力に直面している。
引き続き底堅い経済データを受けて、当局者が中央値で年内3回の利下げ見通しを後退させるか、それとも堅持するかが注目される。
 欧州では、イングランド銀行(英中銀)やスイス国立銀行が利下げに少し近づくかもしれないが、おおむね金利据え置くと予想されている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 日銀や米FRBなど金融政策決定が今週集中-国ごとの相違浮き彫りか

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう