おすすめ記事

日銀会合注目点:物価高の持続性と景気への影響、市場は黒田後に関心

記事を要約すると以下のとおり。

日本銀行が19、20日に開く金融政策決定会合では、現行の大規模な金融緩和策の継続が決まると見込まれている。
 関係者によると、10月に前年比上昇率が3.6%に達する可能性があるという。
12月の決定会合でそれに関する見解が示される可能性がある。
次の政府関係者への取材で分かったと報じた。
ただ、来年は内外経済が厳しさを増す可能性が大きく、「日本銀行は総裁交代直後に政府日銀の共同声明の改定を行うことが適当ではないかと述べている。」
日銀新体制で来年に政策点検・検証も、春闘や海外経済見極め-関係者ブルームバーグ・エコノミクスの増島雄樹シニアエコノミスト「焦点は、日銀が金融政策の転換へとつながり得る点検を近い将来において実施するかどうかだ。」
高水準の企業収益を背景に、物価上昇が高めの賃上げにつながるかがポイント日銀が1日に公表した債券市場サーベイでは、市場の機能度が調査開始以降で最低の水準となった。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 日銀会合注目点:物価高の持続性と景気への影響、市場は黒田後に関心

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう