おすすめ記事

日銀会合注目点:物価高の持続性と景気への影響、市場は黒田後に関心

記事を要約すると以下のとおり。

日本銀行が19、20日に開く金融政策決定会合では、現行の大規模な金融緩和策の継続が決まると見込まれている。
 関係者によると、10月に前年比上昇率が3.6%に達する可能性があるという。
12月の決定会合でそれに関する見解が示される可能性がある。
次の政策変更時期巡り割れる見方日銀ウオッチャーの約半数が23年中の引き締めを予想出所:ブルームバーグ・サーベイ(回答数45)  デフレ脱却に向けた政府と日銀の役割分担を定めた共同声明については、木原誠二官房副長官が12日のブルームバーグとのインタビューで、「新たな合意を結ぶ可能性はあると言及した。」
ただ、来年は内外経済が厳しさを増す可能性が大きく、「日本銀行は総裁交代直後に政府日銀の共同声明の改定を行うことに否定的となるのではないかとみている。」
日銀新体制で来年に政策点検・検証も、春闘や海外経済見極め-関係者ブルームバーグ・エコノミクスの増島雄樹シニアエコノミスト「焦点は、日銀が金融政策の転換へとつながり得る点検を近い将来において実施するかどうかだ。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 日銀会合注目点:物価高の持続性と景気への影響、市場は黒田後に関心

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう