おすすめ記事

日銀会合注目点:YCC修正の有無、新たな物価見通しと植田総裁会見

記事を要約すると以下のとおり。

日銀7月会合での政策修正予想が後退、総裁のハト派継続で-サーベイ  複数の関係者によると、日銀は現時点でYCC副作用に対応の緊急性乏しいと認識-関係者  一方、長期金利の許容変動幅の再拡大などYCCの修正・撤廃を求める政策委員もおり、見直しは議論の対象になるとみられている。
全員一致で現行の金融緩和策を続けてきた政策委員の投票行動に変化が出るかも注目だ。
欧州中央銀行(ECB)は27日に0.25ポイントの利上げを決めると見込まれており、日銀がYCCを修正または撤廃する時期について、10月会合までの実施を予想するエコノミストが合計で52%と過半数を占めた。
   ニッセイ基礎研究所の上野剛志上席エコノミストは、YCC修正は10月会合がメインシナリオとし、「流動性の低下など現行YCCによる債券市場への悪影響は続いているため、遠からず実施されると予想している。」
足元の消費者物価(生鮮食品を除くコアCPI見通しは従来の前年度比1.8%上昇、1.6%上昇から小幅の修正にとどまる見通し2.5%程度に大幅上方修正の公算大-関係者によると、2023年度のコアCPI)は日銀の想定よりも上振れて推移している。
日銀が持続的・安定的な2%の物価目標の実現の確度やYCCを含めた先行きの金融政策運営について、どのような情報発信を行うのかを市場は注視している。
他のポイントYCCの修正・撤廃が行われた場合、市場の関心は次の段階として金融政策の正常化に向かいやすい。
社債は感染症拡大前と同程度のペースで買い入れ残高の調整は発行環境に十分配慮して進める。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 日銀会合注目点:YCC修正の有無、新たな物価見通しと植田総裁会見

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう