おすすめ記事

日銀共通担保オペで金利物差し喪失-まるで「スワップ版YCC」と

記事を要約すると以下のとおり。

日本銀行が打ち出した共通担保資金供給オペの拡充により、市場原理で動いていたスワップ金利にも日銀の影響が及んでいる。
18日の会見で、金融機関にスワップ市場での取引を促すことができると述べた。
 さらに共通担保オペについて「必要に応じてさまざまな年限や方式を有効に組み合わせながら実施していく」と発言した。
河野氏は、スワップ金利まで操作しようとすると「市場が発する将来金利についてのサインを読み取ることができなくなる」と述べた。
野村総合研究所の木内登英エグゼクティブエコノミストは「そうした操作自体が市場の自由な取引を阻害し、市場機能を低下させてしまう」と言う。
無担保コール翌日物金利の将来予想を反映するオーバーナイト・インデックス・スワップ(OIS)はその中心で、金利変動リスクを避ける目的でも利用される。
今はまだ効果の余韻が残っているが、少し時間がたてばそれも薄れてくるだろうと語る。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 日銀共通担保オペで金利物差し喪失-まるで「スワップ版YCC」と

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう