おすすめ記事

日銀巡る臆測が社債市場に影響-円建て社債スプレッド拡大、発行細る

記事を要約すると以下のとおり。

日本銀行が18日の会合でイールドカーブコントロール(YCC)政策に再び変更を加えるとの臆測が、日本の信用市場に影響を及ぼし、借り入れコストは上昇、円建て起債の中止が相次いでいる。
 円建て社債のスプレッドは今月、一時20年7月来の大きさとなった。
 日銀が行動に出るとすれば10年物国債利回りの許容変動幅を再び拡大するのが最もありそうな措置だが、バンク・オブ・アメリカ(BofA)のアナリストは市場が最終的なYCC放棄の可能性も織り込みつつあると指摘した。
 マニュライフ・インベストメント・マネジメントの押田俊輔クレジット調査部長は、10年物国債利回りが「どこで落ち着くか定まらないとやりづらい」と話した。
 ブルームバーグがまとめたデータによれば、1月末までには日産自動車などが約850億円規模の起債を計画している。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 日銀巡る臆測が社債市場に影響-円建て社債スプレッド拡大、発行細る

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう