おすすめ記事

Contents

日銀政策修正に身構える企業、長期調達で社債より銀行融資選択の兆し

記事を要約すると以下のとおり。

財務部の木藤祐一郎部長は、金利が魅力的でも慌てて債券投資に踏み切らない投資家が多く、企業側も条件の詳細を開示していないことから全体像の把握は難しいものの、最新の日銀統計では、国内銀行の貸出約定平均金利は0.704%となっている。
一方、社債市場では急速に日銀の政策変更の可能性をめぐる懸念が織り込まれている格好だ。
日銀の政策修正を警戒  一部の企業で銀行ローン中心での調達を検討していることを明らかにした。
昨年8月時点では、全額を劣後債の発行で借り換える予定だった。
長期の資金調達  ことしに入って起債が集中する局面はあったものの、短めの年限が主流となっている。
ローン市場では、全年限の平均金利が14年4月に期限前償還を迎える劣後債720億円の大部分を劣後ローンに比べて調達コストが「大きく上昇した」と、サントリーHDの経営管理本部の伊藤裕・財務部長は指摘する。
 大和証券の大橋俊安チーフクレジットアナリストは、年限5年であれば、社債で資金調達することはまだ可能だとしながらも、期間が10年になると、「社債市場は使いづらいと思う企業がいてもおかしくないと分析する。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 日銀政策修正に身構える企業、長期調達で社債より銀行融資選択の兆し

Twitterでの意見

motooimai
日銀政策修正に身構える企業、長期調達で社債より銀行融資選択の兆し - Bloomberg
百円富士
日銀政策修正に身構える企業、長期調達で社債より銀行融資選択の兆し >....金利上昇が予測される局面では、長期の資金を調達する際に国内のローン金利の方が社債の発行コストより有利になる状況が浮き彫りとなっている。
ソンデン
Bloomberg news 日銀政策修正に身構える企業、長期調達で社債より銀行融資選択の兆し 楽天ブックス

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう