おすすめ記事

日銀政策転換の勝者は株式か、一段の資金流入に期待-ブラックロック

記事を要約すると以下のとおり。

日本銀行による超金融緩和政策からの脱却は、おそらく異例の効果をもたらすだろう。
 故安倍晋三首相が「アベノミクス」と呼ばれるリフレ策を導入してから10年がたち、日本経済は数十年にわたるデフレから勝利宣言する最終段階に来ているとみられている。
企業業績や設備投資の増加といった最近の傾向からみて「他の資産クラスに比べ、株式の上昇をサポートする材料は多い」と言い、「日本株のアンダーウエートの大きさは際立っているが、今後は必ずしもそうではないはずだと続けた。
 ロベコ・インスティテューショナル・アセット・マネジメントとBNPパリバ・アセット・マネジメントも強気の見方で一致する。
 日経平均株価は23年の28%高に続いて今年も年初来で15%上昇し、1989年12月に付けた史上最高値が視野に入っている。
リー氏は15日のインタビューで、「利上げによって円が急速に上昇し、国債が魅力的な投資対象になることはないだろうと語った。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 日銀政策転換の勝者は株式か、一段の資金流入に期待-ブラックロック

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう