おすすめ記事

日銀総裁人事、アベノミクス転換示唆なら調整難航も-自民党議員

記事を要約すると以下のとおり。

日本銀行の次期総裁人事が佳境を迎える中、アベノミクスの金融緩和路線の大きな転換を連想させるような人選を政府が提示した場合、自民党内での調整が難航する可能性がある。
消去法で雨宮氏が優位だと思うと述べた。
 Source:BloombergEconomics;Photo:Bloomberg,BankofJapan,SenshuUniversity,NomuraHoldings  2012年末にデフレ脱却を掲げて衆院選に勝利した自民党の安倍総裁(当時)は、白川日銀の金融緩和策を消極的と批判していた。
 有力な総裁候補者3人の金融政策運営のスタンスに関しては、山口氏が最もタカ派と市場でみられている。
自民党の事前審査を経ずに岸田首相の判断で国会に示すことができるため、山口氏指名の可能性がなくなったわけではない。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 日銀総裁人事、アベノミクス転換示唆なら調整難航も-自民党議員

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう