おすすめ記事

日銀1-3月国債買い入れ、中長期レンジの下限下げ-超長期は回数減

記事を要約すると以下のとおり。

日本銀行は27日、2024年1-3月の長期国債買い入れ予定を発表した。
10年超25年以下、25年超の月間の買い入れ回数を1回減らし、それぞれ月3回と2回にした。
今回のレンジは下限だけ減らしており現状を追認した印象だとする一方、買い入れ回数を減らしたことで「超長期ゾーンの減額が目立ち、売り手掛かりになる」と述べた。
残存期間10-25年は20年債の発行減額に伴いある程度の減額は予想されていたとした上で、回数を減らすことまで想定していなかったと話した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 日銀1-3月国債買い入れ、中長期レンジの下限下げ-超長期は回数減

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう