おすすめ記事

日銀1-3月国債買い入れ、中長期レンジの下限下げ-超長期は回数減

記事を要約すると以下のとおり。

日本銀行は27日、2024年1-3月の長期国債買い入れ予定を発表した。
10年超25年以下、25年超の月間の買い入れ回数を1回減らし、それぞれ月3回と2回にした。
 財務省が22日発表した来年度国債発行171兆円、短中期債を中心に23年度比1割減  日銀はイールドカーブコントロール(長短金利操作、YCC)を維持するため、発行額の大半をオペで買い入れてきたが、10月の金融政策決定会合でYCCを事実上形骸化させた。
今回のレンジ修正は国内金利の上昇要因となり得るため、超低金利政策による運用難から米国や欧州などの外国債券に投資していた国内機関投資家の円債回帰を促す可能性がある。
残存期間10-25年は20年債の発行減額に伴いある程度の減額は予想されていたとした上で、回数を減らすことまで想定していなかったと話した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 日銀1-3月国債買い入れ、中長期レンジの下限下げ-超長期は回数減

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう