おすすめ記事

日韓が通貨スワップ協定の強化を検討へ、通貨安に「深刻な懸念共有」

記事を要約すると以下のとおり。

日本と韓国は、輸入コストを通じてインフレ圧力を高める持続的な円安とウォン安に対応するため、通貨スワップ協定を強化する方法を探ることで合意した。
日韓は東京で昨年開いた財務対話でスワップ協定を8年ぶりに再開することで合意していた。
「二国間金融協力を維持すること、およびこの協力のあり得るさらなる改善について議論することの重要性に合意した」と明記した。
 共同声明では、最近の急速な円安とウォン安に関する深刻な懸念を共有。
 日韓当局は、為替介入は「24時間いつでも準備できるようにしている」と述べ、市場をけん制した。
    韓国企画財政省の声明によると、日本側は、7月1日からウォンの取引時間を延長する外為市場改革やFTSE世界国債インデックスへの韓国国債組み入れを目指す取り組みを歓迎した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 日韓が通貨スワップ協定の強化を検討へ、通貨安に「深刻な懸念共有」

Twitterでフォローしよう