おすすめ記事

日韓関係、尹政権の徴用工解決策を機に改善進むか疑問も-QuickTake

記事を要約すると以下のとおり。

日本による朝鮮半島の植民地支配は約80年前に終わったが、負の遺産はいまだに政治的な混乱を巻き起こしている。
しかし、これまでの合意と同様に、何十万人もの韓国人が徴用され、数十社の日本企業で働かされた。
日本は1965年の慰安婦問題に関する日韓合意で請求権の問題は全て解決されたと主張している。
三菱重工業に対し原告4人にそれぞれ1億ウォンを支払うよう命じた判決が確定した。
日本はこれら資産がいつでも現金化される可能性があり、緊張をあおることになると懸念を表明した。
韓国も輸出管理で優遇する国のリストから日本を除外。
WTOは20年7月、政府傘下の財団を通じて元徴用工に弁済する解決策を発表。
5.合意は維持されるか  韓国は指導者が変わるたびに合意を反故にしてきた経緯がある。
 しかし、被害者への相談なく結ばれたとして、多くの韓国国民が同合意に反対。
日本政府の反発を招いた。
短期的にうまくいったとしても、日本政府による資金拠出や追加の謝罪がないことを踏まえると、尹氏の後任によって覆される可能性もある。
93年には当時の河野洋平官房長官がいわゆる「河野談話」で、元慰安婦に対し「心からお詫びと反省の気持ちを申し上げる」と表明した。
「明治日本の産業革命遺産」の一つとして国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された長崎市の端島炭坑(通称・軍艦島)で朝鮮半島出身の戦時労働者が非人道的な扱いを受けたことを日本が認めてないことにも韓国は反発している。
ロシアのウクライナ侵攻を受け、中国が台湾に侵攻するのではないかとの懸念が強まる中で、日韓関係の改善は緊急性を増していた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 日韓関係、尹政権の徴用工解決策を機に改善進むか疑問も-QuickTake

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう