おすすめ記事

最古のヘッジファンド戦略が復活か-成績改善で2年ぶりに資金純流入

記事を要約すると以下のとおり。

株式ロングショート戦略のヘッジファンドに2年ぶりに資金が流入した。
 3日に発表された数字によれば、株式の銘柄を選んでロングやショートのポジションを取るこの戦略は、ヘッジファンド業界では依然として最大で、業界全体の運用資産3兆6000億ドルの2割以上を占めている。
ブルームバーグがまとめたデータによると、株式ロングショートは23年のパフォーマンス最高の戦略のリターンは4%付近だった。
 ナスダックイーベストメントのデータによると、ヘッジファンド業界全体は2月に、21年4月以降で最高のパフォーマンスを記録した。
 とはいえ、今月の資金流入はここ数年の流出を覆すものではない。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 最古のヘッジファンド戦略が復活か-成績改善で2年ぶりに資金純流入

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう