おすすめ記事

月面着陸目指すアイスペース、年度内にも東証上場-海外売り出しへ

記事を要約すると以下のとおり。

月面着陸を目指す宇宙開発スタートアップのispace(アイスペース、東京都中央区)は、早ければ2022年度内に東京証券取引所へ上場する可能性がある。
袴田CEOSource:ispaceInc.  また、上場意義について「今後継続的に事業を成長させていくためには資金が必要で、マーケットで調達していく必要がある」と説明。
証券各社の広報担当者らは、アイスペースの上場についてコメントを控えるとしている。
 主要株主には日本政策投資銀行やエアバス・ベンチャーズ、ソフトバンクグループ元副社長の佐護勝紀氏らが名を連ねている。
打ち上げ準備をしていたが、実行できなかった経緯がある。
 今回の月着陸船の操縦は東京のアイスペース本社から行うという。
アイスペースの月着陸船(イメージ)Source:Source:Source:Source:ispaceInc.  宇宙・防衛分野もカバーするコンサルティングファームのKPMGの宮原進ディレクターは、アイスペースについて「民間というラベルで月に行くファーストペンギン。」
 宮原氏は、現在の宇宙ビジネスの市場規模は日本で2兆円超、世界で50兆円あると推計。
月面輸送サービスの提案を行い、採択された。
 国連宇宙部によると、昨年世界で打ち上げられた人工衛星の数は1809機と、10年前と比べ14倍の多さとなった。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 月面着陸目指すアイスペース、年度内にも東証上場-海外売り出しへ

Twitterでの意見

ナウティスニュース【公式】
最新コメント21件(11/18 14:15) 【10月31日 登録記事】月面着陸目指すアイスペース、年度内にも東証上場-海外売り出しへ|ナウティスニュース
yohey
月面着陸目指すアイスペース、年度内にも東証上場-海外売り出しへ via
旅人の優さん Second▶🚃【クリスタル観測駅】
🚀▶🌔 information❗ 月面着陸目指すアイスペース、年度内にも東証上場-海外売り出しへ から
堕天する晦冥の羽根
例えばアイスペース社は仮に本業自体が難儀することになっても商標さえ押さえとけば将来Appleが衛星事業とか始めてiSpaceとか名乗りたがった時に小遣い稼げる可能性とか。 【 月面着陸目指すアイスペース、年度内にも東証上場-海外売り出しへ より 】
popo@50歳からの節約と投資
おはようございます。 日本もどんどん宇宙事業に参入していってほしいですね🚀 IPOを狙ってみるのも面白いかも😊 月面着陸目指すアイスペース、年度内にも東証上場-海外売り出しへ より
Min-Jeong Lee
月面着陸目指すアイスペース、年度内にも東証上場-海外売り出しへ。袴田CEOは、グローバル競争で優位に立つ体制を早期につくりたいとし、IPOの時期は「なるべく早く実施したい」と説明。同社は11月に民間企業としては初の月着陸船を打ち上げる予定。
ソンデン
Bloomberg news 月面着陸目指すアイスペース、年度内にも東証上場-海外売り出しへ 楽天市場 イベント

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう