おすすめ記事

来年は債券ピッカーの楽園か、バンガード幹部はバリュエーション重視

記事を要約すると以下のとおり。

米資産運用会社バンガード・グループのサラ・デベロー氏にとって最近の債券価格上昇は、バリュエーションに応じてクレジットのエクスポージャーを減らし政府支援機関(GSE)保証付き住宅ローン担保証券(MBS)を購入する機会だ。
米金融当局や世界各国・地域の中央銀行がインフレ抑制で政策金利を高水準に維持すると見込んでいる。
 「こうした状況下では適切な銘柄を選び、敗者を避けることが、勝者を見つけるのと同じくらい重要と考えられるとし、「今はそのために素晴らしい環境だ。」
米当局が利上げサイクル終盤に近づき米国債の変動性が低下すれば、それもこうした債券に対する志向を強めており、ローンや新興市場債など今年アウトパフォームした市場の一角については保有を減らす方針だ。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 来年は債券ピッカーの楽園か、バンガード幹部はバリュエーション重視

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう