おすすめ記事

来年度国債発行171兆円、短中期債や20年債中心に23年度比1割減

記事を要約すると以下のとおり。

財務省は22日、2024年度の国債発行計画を発表した。
10年債は2000億円減らす。
新型コロナウイルス禍前は発行していなかった短期国債(6カ月物)をなくすなど、短期ゾーンに大きく依存した資金調達構造を修正する。
 新型コロナの感染拡大で政府が大型経済対策を強いられた20年以降、国債の大幅増発が続いたが、コロナがようやく落ち着き、発行も正常化に向かう。
 SMBC日興証券の小路薫金利ストラテジストは、発行減額は予想通りだったとした上で、20年債は常に供給過剰と言われていたため、超長期債にとっては好感材料になりそうだとの見方を示した。
国債市場特別参加者会合や国債投資家懇談会で議論した上で決定する。
 今後10年間の150兆円超を見込む官民投資を巡っては、政府はGX移行債で20兆円規模を調達して支出し、民間投資の呼び水にする方針だ。
借換債が22兆円、財投債が2兆円それぞれ減る半面、子ども特例債が新たに加わり、新規国債は7000億円減の34兆9000億円程度となる。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 来年度国債発行171兆円、短中期債や20年債中心に23年度比1割減

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう