おすすめ記事

来週のドル・円は上昇か、米CPI上振れで150円乗せの可能性

記事を要約すると以下のとおり。

来週のドル・円は上昇が見込まれる。
市場関係者の見方オーストラリア・ニュージーランド銀行外国為替・コモディティ営業部の町田広之ディレクター米CPIが最大の注目点。
円金利への影響は限定的でこの発言が尾を引いての円売りはなく、あくまで米金利主導だろうあおぞら銀行の諸我晃チーフマーケットストラテジストドル・円午後1時47分時点週間予想(ブルームバーグ為替レート予想モデル)1ドル=147円30銭~151円24銭1週間物予想変動率8.5975%1週間物リスクリバーサル0.6750%の円コールオーバー来週の注目材料13日:米シカゴ連銀総裁講演。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 来週のドル・円は上昇か、米CPI上振れで150円乗せの可能性

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう