おすすめ記事

来週のドル・円は底堅いか、日米金利差が背景-当局のけん制は重し

記事を要約すると以下のとおり。

来週のドル・円は好調な米国景気や日米金利差を背景としたドル買い・円売り基調が続き、底堅く推移しそうだ。
米国は雇用に落ち着きが出てきたが、他の指標を見ると経済は強い。
介入に対する警戒感から上昇ペースは緩やかになりそうだドル・円午後1時時点週間予想(ブルームバーグ為替レート予想モデル)1ドル=145円00銭~149円11銭1週間物予想変動率9.2600%1週間物リスクリバーサル0.6325%の円コールオーバー来週の注目材料13日:8月の米ミシガン大学消費者マインド指数。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 来週のドル・円は底堅いか、日米金利差が背景-当局のけん制は重し

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう