おすすめ記事

東ガス、LNG権益売却資金で再エネ拡大へ-水素やアンモニア事業も

記事を要約すると以下のとおり。

東京ガスは脱炭素目標の達成に向けて投資を加速する。
今回、LNG権益を米EIGグローバルエネジーパートナーズの傘下企業に売却するのは、資金捻出などのために資産売却や入れ替えを行うとの方針に沿うもの。
 このほか棚沢氏は売却の背景として、天然ガスの開発や生産といった上流事業を理解するとの目的が一定程度達成できたことを挙げた。
数百億円規模の売却益につながり、総還元性向50%の方針に基づき株主にも分配されると期待されるという。
 再エネ電源しか持たないジャパン・リニューアブル・エナジーの買収は目標達成の近道となる半面、割高になりかねないリスクもあり是非の判断には時間を要する。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 東ガス、LNG権益売却資金で再エネ拡大へ-水素やアンモニア事業も

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう