おすすめ記事

東京消費者物価は2カ月連続で縮小、電気・ガス代がマイナス寄与

記事を要約すると以下のとおり。

全国の物価の先行指標となる12月の東京都区部の消費者物価指数(生鮮食品を除くコアCPI)はプラス幅が2カ月連続で縮小した。
電気代とガス代の下落幅の拡大が続いているほか、生鮮食品を除く食料も5カ月連続で伸びが鈍化した。
今回の結果は、能登半島地震などを背景に表面化している早期の政策正常化観測の後退を後押しする内容となった。
前月は3.6%上昇。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 東京消費者物価は2カ月連続で縮小、電気・ガス代がマイナス寄与

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう