おすすめ記事

東証、上場企業に資本効率・株価意識の経営対応要請へ-毎年成果開示

記事を要約すると以下のとおり。

東京証券取引所はプライムとスタンダード両市場の全上場企業に対し、資本コストや株価を意識した経営の実現に向けた対応計画の策定と開示を求める方針だ。
その上で、投資家と対話しながら進捗状況を毎年1回以上開示し、アップデートすることを東証は説明した。
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券の原口右京ストラテジストらはリポートで、「規則上の義務ではないものの、積極的に実施することを上場企業にお願いするものと指摘。」
市場区分の見直しに関するフォローアップ会議は昨年7月にスタートし、日本総合研究所の翁百合理事長や大和総研の熊谷亮丸副理事長、野村アセットマネジメントの小池広靖社長、学習院大学大学院の神田秀樹教授ら9人で構成されている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 東証、上場企業に資本効率・株価意識の経営対応要請へ-毎年成果開示

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう