おすすめ記事

植田日銀総裁、中小企業の賃金データそろう前に政策判断は可能-報道

記事を要約すると以下のとおり。

日本銀行の植田和男総裁は政策転換のタイミングについて、中小企業の賃金データが完全に出ていなくても「ある程度前もっての判断」は可能だとの考えをNHKとのインタビューで示した。
 2%の物価上昇目標については、持続的・安定的にうまく着地するかは確信が持てない一方、「2%をオーバーしてどんどん際限なく上がっていくというリスクも高くないと述べた。」
関連記事政策正常化へ議論二分、「タイミング近い」「慌てず」-日銀意見(1)金融政策の変更、目標実現の確度十分に高まれば検討-日銀総裁(2)原題:BOJCanShiftPolicyBeforeAllSMEWageDataIn,UedaTellsNHK(抜粋)  。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 植田日銀総裁、中小企業の賃金データそろう前に政策判断は可能-報道

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう