おすすめ記事

楽天Gの信用リスク、日本最大-同格付けソフトバンクGと明暗

記事を要約すると以下のとおり。

楽天グループの信用リスクを表すクレジット・デフォルト・ スワップ(CDS)は高止まりし、日本企業で最大となっている。
日本企業では楽天Gはグループ子会社を含めると2024年までに4147億円、25年に4300億円の社債の償還期限を迎える予定で、資金手当てに取り組んでいる。
7月には楽天証券ホールディングスの上場を申請した。
回線拡充にはなお多額の設備投資を必要としており、モバイル事業が全体の収益を圧迫している構図だ。
同社は一部株式を売り出して資金を得たほか、時価総額521億ドル(7兆7900億円)の企業をポートフォリオに組み入れることに成功した。
ソフトバンクGについては、「アームがナスダックに上場、投資ポートフォリオが大きく改善したとし、今後6カ月から1年で格上げの可能性があると話した。」
 ブルームバーグ・インテリジェンスのクレジットアナリストであるシャロン・チェン氏は、楽天Gはバランスシート強化のためにさらに資産を売却する可能性があり、最大3000億円の調達が可能になるという。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 楽天Gの信用リスク、日本最大-同格付けソフトバンクGと明暗

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう