おすすめ記事

欧州ESG投資市場が半減する可能性、「疑わしい戦略」を集計から除外

記事を要約すると以下のとおり。

「ESG(環境・社会・企業統治)インテグレーション(統合)」といった、定義が困難な運用戦略を提供するファンドマネジャーは、欧州のサステナブル投資市場の集計対象から今後外される見通しだ。
 推計の改定値は2022年に示す予定だったが、オールトン会長の話では、新たな集計手法を固めるため今年中のいずれかの時期になる見込みという。
同教授は、最終的な数値から疑わしいESG戦略を確実に取り除く手法を開発している。
米国の数値自体も8兆4000億ドル相当と、従来推計の半分程度に下方修正された経緯がある。
試練にさらされるESG市場  ESG市場は、規制強化や懐疑的な投資家の増加、厳しさを増す政治環境といった試練にさらされている。
 欧州のESG市場は、近年大きく変化した。
 ブルームバーグがまとめたデータによると、約5兆2000億ユーロ規模が9条に分類されている。
 同氏の手法は、ESG戦略が持続可能な経済への移行を積極的に支援するかという点に焦点を当てたものだ。
 ファースト・センティア・インベスターズの責任投資アドバイザーも務めるオールトン会長は新たな集計手法は準備ができ次第、各国・地域で利用できるようにするという。
【ESGウイークリー】を購読するには該当記事の冒頭にあるボタンをクリックしてください。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 欧州ESG投資市場が半減する可能性、「疑わしい戦略」を集計から除外

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう