おすすめ記事

海外投資家の圧力、日本の女性取締役数押し上げ-人材紹介会社CEO

記事を要約すると以下のとおり。

「外国人投資家からの圧力により、日本企業は今年、より多くの女性取締役を真剣に探している」。
ブルームバーグテレビジョンのインタビューに答える越直美氏Daybreak:Asia.”  大手資産運用会社ブラックロックやゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントなどの機関投資家が、女性役員がごくわずかか、全くいない日本企業に対して反対票を投じる方針を相次いで示した。
米議決権行使助言会社インスティテューショナル・シェアホルダー・サービシーズ(ISS)による女性取締役不在の問題に対し、2030年までに女性役員比率を30%以上に引き上げる計画を明らかにし、企業の女性登用を促進。
東証プライム上場企業のうち女性役員の割合が3割以上の企業は68社で、全体の3.7%にとどまることが分かったと日本経済新聞が5日付朝刊で報じている。
越直美氏Source:Bloomberg  日本では、高齢化と人口減少が深刻化する中、より多くの女性を労働力として活用しようとしてきたが、影響力のある地位における多様性の目標達成には長い間苦労してきた。
しかし、欧州40%、米国33%、香港19%には及ばない。
 女性が出産後も働き続けられるようにしたいと考え、12年に取締役会の多様性に取り組むことに特化したオンボードを設立した理由について越氏は、取締役会には決定権があるからだと説明する。
「女性役員には会社全体を変える力があり、賃金格差や働き方を是正することができる」。
関連記事ゴールドマンに続き年金基金も、日本企業に女性取締役求める動き加速JPモルガン日本の先駆的女性ファンドマネジャー、役員多様化へ意欲女性活躍の本質あぶり出す賃金格差、開示義務付けで多様性推進に期待  ブルームバーグのデータによると、23年4-6月期の日経平均株価構成企業における女性の取締役登用数は前期から39人増えた。
  リクルートホールディングス、日本郵政、大和証券グループ本社は、少なくとも19年1月以来初めて女性役員の割合が30%を超えた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 海外投資家の圧力、日本の女性取締役数押し上げ-人材紹介会社CEO

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう