おすすめ記事

消極的な孫社長、ソフトバンクG10-12月の新規投資9割減-過去最低

記事を要約すると以下のとおり。

ソフトバンクグループの昨年10-12月期(第3四半期)の新規投資件数が前年同期比で約9割減り、過去最低になったことが分かった。
 関係者によると、取引総額のうちソフトバンクGの投資分は約3億5000万ドル(455億円)だったという。
人工知能(AI)に関連する世界中のテクノロジー企業に積極的に投資してきた孫社長が守備固め強調、世界株波乱で過去最大赤字  一方、世界の株式市場は回復の兆しを見せている。
テクノロジー株のバロメーターである米ナスダック100指数は、4-6月に22%下落したものの、その後の下落率は7-9月が4.6%、10-12月期は過去最低水準に出所:ブルームバーグ  投資調査会社レデックス・リサーチのアナリストのカーク・ブードリー氏は投資分析情報サイト「スマートカルマ」に配信したリポートで、ブルームバーグの調査では約7割がインフレはピークを過ぎ、株価は上昇すると予想している。
ただし、為替のドル安・円高進行が響き、円ベースでは損失を計上する可能性があるという。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 消極的な孫社長、ソフトバンクG10-12月の新規投資9割減-過去最低

Twitterでの意見

あふろ
消極的な孫社長、ソフトバンクG10-12月の新規投資9割減-過去最低 孫正義は472社に投資するも472社ほぼ全滅状態、サウジアラビアの皇太子を大損させてしまい命の危機。 https:/…
ヨネ
消極的な孫社長、ソフトバンクG10-12月の新規投資9割減-過去最低
ちろ@米国株
"前年同期(73件、約1兆3000億円)と比べ件数で89%、金額で78%それぞれ減少し、件数は2017年にSVFを立ち上げて以降、最低となった" 消極的な孫社長、ソフトバンクG10-12月の新規投資9割減-過去最低 より
ナウティスニュース【公式】
最新コメント10件(01/26 08:40) 消極的な孫社長、ソフトバンクG10-12月の新規投資9割減-過去最低|ナウティスニュース
PE JAPAN
ブルームバーグ: 消極的な孫社長、ソフトバンクG10-12月の新規投資9割減-過去最低.

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう