おすすめ記事

深刻な景気後退と「100bpの利下げ」は不可避-ダブルラインが警告

記事を要約すると以下のとおり。

ダブルライン・キャピタルのジェフリー・シャーマン副最高投資責任者(CIO)は、深刻な米リセッション(景気後退)に金融市場は備えるべきだと指摘。
ニューヨーク連銀、ブルームバーグ  金利リスクを示す債券指標「シャーマン比率」で知られるシャーマン氏は、長期の国債に安全性を求めることでこの結果に備えている。
世界の中央銀行が数十年ぶりの積極利上げをいつ終了させるか、市場が頭を悩ませる中、同利回りはこの1年に幾度か4%を突破しては低下してきた。
米逆イールドに「至福シナリオ」を感知-エド・ヤルデニ氏ら新解釈  「金融政策は過剰に引き締められたために利下げは不可避だと、債券市場はFOMCに伝えようとしているとシャーマン氏。
ジェフリー・シャーマン氏出所:ブルームバーグ  シャーマン氏のアプローチは、同氏の名前が付けられた債券指標と一致している。
2年前の0.21から上昇している。
ジェフリー・ガンドラック氏が設立したダブルラインは、920億ドル(約12兆9800億円)を運用している。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 深刻な景気後退と「100bpの利下げ」は不可避-ダブルラインが警告

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう