おすすめ記事

為替介入にスタンバイ、1ドル=151円台で「背景に投機」-財務官

記事を要約すると以下のとおり。

神田真人財務官は1日、為替相場が1ドル=151円台後半と年初来の安値を更新したことを受け、一方的で急激な動きを懸念するとし、為替介入の可能性について「スタンバイしている」と市場をけん制した。
過度な変動にあらゆる手段を排除せずに適切な行動を取っていきたいとの姿勢を改めて示した。
国民生活に対し151円台後半で推移。
今回の政策修正は将来の金融市場のセンチメントなど「いろいろな面がある」と述べ、「何か確定的に昨日の日銀の判断を「尊重することに尽きる」とし、「明らかにインフレ、物価目標に為替が大きく影響を与えているのが事実であるという観点から、日銀も為替を注視していると拝察していると語った。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 為替介入にスタンバイ、1ドル=151円台で「背景に投機」-財務官

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう