おすすめ記事

為替介入にスタンバイ、1ドル=151円台で「背景に投機」-財務官

記事を要約すると以下のとおり。

神田真人財務官は1日、為替相場が1ドル=151円台後半と年初来の安値を更新したことを受け、一方的で急激な動きを懸念するとし、為替介入の可能性について「スタンバイしている」と市場をけん制した。
過度な変動にあらゆる手段を排除せずに適切な行動を取っていきたいとの姿勢を改めて示した。
国民生活に対し151円台後半で推移。
日本銀行が先月31日の金融政策決定会合で、イールドカーブコントロール(長短金利操作、YCC)政策を一段と柔軟化したものの、緩和姿勢を維持したため円安が進み、昨年10月に付けた対ドルでの安値に迫っている。
今回の政策決定以降の急激な円安について聞かれ、市場のボラティリティーの増大や、それに伴う副作用を防ぐ面があると述べた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 為替介入にスタンバイ、1ドル=151円台で「背景に投機」-財務官

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう