おすすめ記事

為替変動、物価見通しに大きな影響あれば政策変更も-日銀総裁

記事を要約すると以下のとおり。

日本銀行の植田和男総裁は31日、足元の円安進行に関連して、為替変動が日銀の物価見通しに大きな影響を与える場合には、金融政策の変更につながる可能性があるとの見解を示した。
 日銀は同日の会合で、2023-25年度までの消費者物価の見通しを全て上方修正した。
総裁はYCCの運用を柔軟化で金融市場のボラティリティーを極力抑える中に「為替市場のボラティリティーも含めて考えている」としていた。
1.5-2%の水準への大幅上昇を「今みているということでは全然ない」という。
長期金利の誘導目標を引き続きゼロ%程度としつつ、上限の1%はめどと位置付けた。
 総裁は、日銀が目指す2%の物価安定目標の持続的・安定的な実現に関しては、「十分な確度を持って見通せる状況にはなお至っていないと指摘。」
企業収益がかなり好調であることを勘案すると、「ある程度来年の賃金について期待できるとしている。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 為替変動、物価見通しに大きな影響あれば政策変更も-日銀総裁

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう