おすすめ記事

焦るテスラ投資家、S&P500種に株価見劣り-指数採用から3年控え

記事を要約すると以下のとおり。

米電気自動車(EV)大手 テスラがS&P500種株価指数の採用銘柄として取引を開始してから、20日でちょうど3年になる。
一方、S&P500種は同指数で7番目に大きなウエートを占めているが、指数銘柄の中では下位パフォーマーに甘んじている。
 ロス・キャピタル・パートナーズのアナリスト、クレイグ・アーウィン氏は「テスラのバリュエーションはS&P500種に採用された時点でかなり行き過ぎていた。」
テスラ株価とS&P500種採用直前の水準から80%近く上昇した一方で、半値を割り込んだこともあった。
EV需要減速見据え  そこで留意したいのはテスラがいつか、真の意味での自動走行車をどこよりも早く完成させるかもしれないという希望だ。
しかし同社はこの点で、最近の事例を含め何度かつまずいている。
テスラが1位か2位でゴールインできることを疑う投資家は、株を保有しないだろう。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 焦るテスラ投資家、S&P500種に株価見劣り-指数採用から3年控え

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう