おすすめ記事

焦るテスラ投資家、S&P500種に株価見劣り-指数採用から3年控え

記事を要約すると以下のとおり。

米電気自動車(EV)大手 テスラがS&P500種株価指数の採用銘柄として取引を開始してから、20日でちょうど3年になる。
一方、S&P500種は同指数で7番目に大きなウエートを占めているが、指数銘柄の中では下位パフォーマーに甘んじている。
 ロス・キャピタル・パートナーズのアナリスト、クレイグ・アーウィン氏は「テスラのバリュエーションはS&P500種に採用された時点でかなり行き過ぎていた。」
テスラ株価とS&P500種株価指数、ブルームバーグの「7強株」リターン指数出所:ブルームバーグ  確かにこの3年間にテスラ株がさえない動きとなった陰には、非常に高いボラティリティーがある。
EV需要が2024年に衰えると広く予測されていることを考えれば、これは驚きではない。
しかし同社はこの点で、最近の事例を含め何度かつまずいている。
テスラが1位か2位でゴールインできることを疑う投資家は、株を保有しないだろう。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 焦るテスラ投資家、S&P500種に株価見劣り-指数採用から3年控え

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう