おすすめ記事

異常さ浮き彫り、60秒で1万3000回超-CPI発表前の米国債先物取引

記事を要約すると以下のとおり。

昨年末の米消費者物価指数(CPI)公表直前に行われた米国債取引が、いかに常軌を逸していたかブルームバーグ・エコノミクス(BE)の分析であらためて浮き彫りになった。
 ウィルコックス氏は同日の検証結果について、「極めて異常な動きだ。」
11月CPIの情報漏れなかった、当局が指摘-発表前に米国債買い急増でデータが事前に漏らしたのではないかとの見方を否定し、「ささいな市場の動きにすぎないと発言した。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 異常さ浮き彫り、60秒で1万3000回超-CPI発表前の米国債先物取引

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう