おすすめ記事

社債発行環境の改善はまだ見えず、YCC修正受け企業は起債延期も

記事を要約すると以下のとおり。

日本銀行による昨年12月のイールドカーブコントロール(長短金利操作、YCC)修正を受け、国内社債市場で起債延期などの影響が出てきた。
住友不動産もYCC修正後の昨年12月下旬に環境債の起債を延期している。
 大和証券の大津大デット・キャピタルマーケット第3部副部長は、市場では日銀があまり遠くないタイミングで10年債利回りの上限を少なくとも0.75%に再拡大する公算があるとみている。
これらの銘柄が需要調査で投資家が保有する債券の含み損も膨らんでいるとし、社債への投資需要は4月の日銀会合を見極めた上で「5月からようやく回復基調に入るという展開ではないか」との見方を示した。
関連記事:門間元理事:日銀はYCC撤廃検討か、早ければ来週会合-役割終えた社債需要に回復の兆し見られず、機関投資家向けは発行低調か-野村証起債環境改善は4月以降、日銀新総裁下でYCC再変更と予測-大和証。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 社債発行環境の改善はまだ見えず、YCC修正受け企業は起債延期も

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう