おすすめ記事

社債発行環境の改善はまだ見えず、YCC修正受け企業は起債延期も

記事を要約すると以下のとおり。

日本銀行による昨年12月のイールドカーブコントロール(長短金利操作、YCC)修正を受け、国内社債市場で起債延期などの影響が出てきた。
住友不動産もYCC修正後の昨年12月下旬に環境債の起債を延期している。
 大和証券の大津大デット・キャピタルマーケット第3部副部長は、13日に予定される東京電力パワーグリッドと東北電力、JR東日本が先陣を切る見通しだ。
これらの銘柄が需要調査で投資家に提示している発行利率や国債スプレッドの水準も、発行コストが政策修正前より上昇することを示唆している。
関連記事:門間元理事:日銀はYCC撤廃検討か、早ければ来週会合-役割終えた社債需要に回復の兆し見られず、機関投資家向けは発行低調か-野村証起債環境改善は4月以降、日銀新総裁下でYCC再変更と予測-大和証。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 社債発行環境の改善はまだ見えず、YCC修正受け企業は起債延期も

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう