おすすめ記事

第一生命、金利上昇局面で超長期債を追加投資-日銀は近々政策修正

記事を要約すると以下のとおり。

第一生命保険は日本銀行の政策修正が近々行われると予想し、超長期金利が大きく上昇すれば、投資額を拡大する方針だ。
 足元で1.8%を上回って推移する30年債利回りについては、2%程度の同社の予定利率に近づき、「円債投資の魅力度は上がっていると指摘。」
 日銀が何らかの政策修正を行った場合、金利は上昇方向とみるが、「何回も利上げして金融を引き締める環境ではなく、比較的落ち着いた動きになると予測した。」
各アセットの方針詳細円債は「増加」上期は残高減少。
下期はリスク許容度や為替水準次第で機動的にコントロール外国株は「株価水準次第」上期はおおむね残高横ばい。
下期もリスク分散につながるヘッジファンド投資を選択的に実施。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 第一生命、金利上昇局面で超長期債を追加投資-日銀は近々政策修正

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう