おすすめ記事

米「債券の年」に時間切れ迫る-損失拡大の運用者はポジション見直し

記事を要約すると以下のとおり。

「2023年は 債券の年」というのがウォール街のキャッチフレーズだったが、ファンドマネジャーたちはむしろ、これまでで最も厳しい年の1つとなった今年の状況を受け入れつつある。
 HSBCホールディングスのスティーブ・メージャー氏は、米政府による国債発行増加を問題視しなかったのは「間違いだった」と認めた。
パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスとイスラエルの紛争がエスカレートして他の中東諸国を巻き込むとの懸念が和らいだことから、米10年債利回りは5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し4.66%。
インフレ率が鈍化したとはいえ、雇用統計や経済の健全性を示す主要指標が好調を維持し、物価高が加速する脅威は常に存在し続けている。
米国債利回りは07年以来の高水準に達し、国債相場は前例のない3年連続の下落となる方向にある。
今年の早い段階でデュレーションを引き下げたが、十分ではなかったという。
 それと同時に、痛手を被ったウォール街の強気派がそれほど撤退していない背景には、最終的に景気下降に見舞われるとの見通しがあり、ハント氏も「ハードランディングは来る」と付け加えた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米「債券の年」に時間切れ迫る-損失拡大の運用者はポジション見直し

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう