おすすめ記事

米シェールに復活の兆し、過去最高の生産量でOPEC脅かす存在感

記事を要約すると以下のとおり。

かつて石油輸出国機構(OPEC)の宿敵だった米国のシェールが、世界の石油市場で再び存在感を強めてきた。
 昨年の今頃、米政府の予測では今年10-12月(第4四半期)の国内生産量は平均で日量1250万バレルとされていた。
 この現象に世界は動揺し、供給過剰が価格に及ぼす壊滅的な打撃を防ごうと供給を抑制するOPECプラスの戦略に、疑念が生じるようになった。
それにはOPECプラスに生産抑制の圧力をかけたことが含まれるとインタビューで述べた。
原題:USShale’sSurpriseOil-ProductionSurgePosesThreattoOPEC(抜粋) 。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米シェールに復活の兆し、過去最高の生産量でOPEC脅かす存在感

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう