おすすめ記事

米テク株強気派、過去20年で最悪の12月に直面-米利上げ巡る懸念拡大

記事を要約すると以下のとおり。

米テクノロジー株の12月の騰落率は約20年前のドットコム・バブル崩壊以来最悪となりそうだ。
 このほか、7-9月確定値は3.2%増に上方修正-個人消費上振れ(1)  さらに、メモリーチップメーカー米最大手マイクロン・テクノロジーが21日に発表した低調な決算も重しとなり、テクノロジー株強気派の間に再びリセッション(景気後退)懸念が広がり、22日の相場展開は厳しいものとなった。
前月には、インフレ鈍化により利上げ停止の準備が整うとの期待で同指数は上げていた。
 その上で、「先行き見通しが大幅に悪化していることを示唆する景気循環銘柄の決算や、米金融当局の政策ミスの可能性が日々高まっている状況を考え合わせると、これはリスクオフの相場だとの見方を示した。」
 ナスダック100構成銘柄で今月大きく下げたのはテスラやマーベル・テクノロジー、アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)など。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米テク株強気派、過去20年で最悪の12月に直面-米利上げ巡る懸念拡大

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう