おすすめ記事

米デフォルトリスクは11年より高い-ヘッジファンド運用者ワドワニ氏

記事を要約すると以下のとおり。

ヘッジファンド運用者のスシル・ワドワニ氏は、米国は議会の債務上限問題解決に際してデフォルト(債務不履行)寸前にまで陥り、信用格付け引き下げに見舞われる恐れがあると警告した。
 2011年に債務上限問題で議会が対立した時には米史上初の格下げにつながり、S&P500種株価指数は10営業日の間に16%下落した。
 「多くの長期的投資家は、市場の反応や株価下落は迅速に収まると考えている。」
昨年はハント英財務相の経済顧問に指名された。
 ワドワニ氏は、債券市場は「米金融当局が200か300ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)の利下げで非常に積極的に対応しなければならなくなる何らかの事件が20-30%の確率で起こることを織り込んでいる」とし、「そうした可能性を無視するべきではないと話した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米デフォルトリスクは11年より高い-ヘッジファンド運用者ワドワニ氏

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう