おすすめ記事

米ハイテク「マグニフィセント7」、幹部や取締役の自社株売りが加速

記事を要約すると以下のとおり。

米株式相場活況の大きな原動力となってきた大手ハイテク7社「マグニフィセント・セブン」では、インサイダーが株価上昇による利益を確定させている。
売却した自社株の規模が既に昨年通年を上回っており、今月までに報告された二十数回の売却で総額3000万ドルを手にした。
 エヌビディアの取締役マーク・ペリー氏は、年初以降に過去2年間よりも多くの株式を売却。
エヌビディアはコメントを控え、アップルはコメントの要請に応じなかった。
エヌビディアは今年に入り83%上昇し、マグニフィセント・セブン銘柄でパフォーマンスが最も好調。
「株式相場の頂点を完璧に予測することは誰にもできない。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米ハイテク「マグニフィセント7」、幹部や取締役の自社株売りが加速

Twitterでフォローしよう