おすすめ記事

米ピーク金利が近づいた今こそ長期債を買うべき時-歴史が語る

記事を要約すると以下のとおり。

長期債に資金を投じる投資家には歴史が味方についている。
しかし投資家は長期債へのエクスポージャーを高めている。
 今週の米国債は消費者物価上昇率が過去2年で最小となったことを受け、地銀の破綻が安全需要を喚起した3月以降で最大の上げを記録した。
 このセンチメントの変化によりドルは昨年11月以来の大幅な下落を記録した。
5年債利回りは35ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)近く急落したのに対し、30年債は13bpだった。
12カ月でも、長期のグループのリターンは13%と他のセクターを上回った。
7月の消費者物価指数(CPI)発表前は少し減らしていた。
昨年付けたピークの9.1%から12カ月連続で低下した。
6月に公表された当局の政策金利見通しでは中央値で、今年2回の追加利上げが想定されていた。
 多くの投資家が、利回りがまた高くなったら「賭けをして買おうとしている。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米ピーク金利が近づいた今こそ長期債を買うべき時-歴史が語る

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう