おすすめ記事

米上院委、新疆ウイグル強制労働との関連で自動車メーカー調査

記事を要約すると以下のとおり。

米上院財政委員会は、 フォード・モーターやゼネラル・モーターズ( GM)、 テスラなど世界の主要自動車メーカーが中国の新疆ウイグル自治区での強制労働によって生産された部材を使用していないかどうか調査に着手する。
送り先にはトヨタ自動車メーカーによるバッテリーやワイヤ、車輪などの部品輸入との関係を突き止めたとしている。
 ウイグル強制労働防止法の下、米政府は同自治区で生産されたものではないと「明白で説得力のある証拠」を提示できれば、同法の適用は免除される。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米上院委、新疆ウイグル強制労働との関連で自動車メーカー調査

Twitterでの意見

プルート
【米上院委、ウイグル強制労働で質問状 トヨタやホンダに】 ワイデン委員長は質問状の中で「新疆で生産された部品を含む自動車を米国で販売することはできない」と強調した。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう