おすすめ記事

米上院委、新疆ウイグル強制労働との関連で自動車メーカー調査

記事を要約すると以下のとおり。

米上院財政委員会は、 フォード・モーターやゼネラル・モーターズ( GM)、 テスラなど世界の主要自動車メーカーが中国の新疆ウイグル自治区での強制労働によって生産された部材を使用していないかどうか調査に着手する。
送り先にはトヨタ自動車とホンダ、フォルクスワーゲン、メルセデス・ベンツ、ステランティスの担当者にコメントを求めたが、すぐには返答を得られていない。
 ウイグル強制労働防止法の下、米政府は同自治区で生産されたものはたとえ部分的でも強制労働によるものだと見なし、米国への輸入を禁じている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米上院委、新疆ウイグル強制労働との関連で自動車メーカー調査

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう