おすすめ記事

米中古車価格の高騰、6月に反転か-コアCPI鈍化との見方広がる

記事を要約すると以下のとおり。

 ドイツ銀行のエコノミスト、ジャスティン・ワイドナー氏は、「マンハイムの価格がかなり大幅に下落し始めているため、今年後半にかけて中古車・トラックからの過度なインフレ圧力は予想していないとし、新車価格の鈍化も要因だと指摘した。」
一方、中古車を除いた場合、同指数は同0.3%未満だが、毎月の変動は非常に大きく変動したため、市場の一部の変化を早期に示すとされるマンハイム米中古車価格が大きく、それが大きな話題となることもある。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米中古車価格の高騰、6月に反転か-コアCPI鈍化との見方広がる

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう