おすすめ記事

米住宅着工が予想外に急増、6カ月ぶり高水準-中古物件の不足が支援

記事を要約すると以下のとおり。

11月の米住宅着工件数は予想外に大きく伸び、6カ月ぶり高水準をつけた。
 金融当局が引き締めを開始する直前に当たる2021年末と比べると、住宅ローン金利は依然として2倍の水準にあるが、ここ6週間では大きく低下。
 住宅着工件数は南部の16.3%増を含め、全地域で増加。
建設中の一戸建て物件も増加した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米住宅着工が予想外に急増、6カ月ぶり高水準-中古物件の不足が支援

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう