おすすめ記事

米住宅着工件数、20年4月以来の大幅減-許可件数も落ち込む

記事を要約すると以下のとおり。

    許可件数は、一戸建て住宅が若干増加した。
   住宅着工件数は2020年5月以来の低水準となった。
 住宅ローン金利が依然7%近くと高止まりしており、住宅市場の回復は勢いを維持するのが難しくなっている。
「春に向けて、また米政策金利の道筋がより明確になるにつれて、1月の活動低下は一時的なものだということが分かるだろう」と分析した。
 一方で新築住宅の在庫は高い水準が続いており、建設業者が新たなプロジェクトの開始に対して慎重になっている可能性が示唆される。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米住宅着工件数、20年4月以来の大幅減-許可件数も落ち込む

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう