おすすめ記事

米個人向け年金販売、記録的増加ペースークレジット市場押し上げ

記事を要約すると以下のとおり。

生命保険会社による個人向け年金商品の販売が記録的なペースで拡大しており、社債や商業用不動産担保証券(CMBS)の需要押し上げにつながっている。
今年は利回りの低下を背景に需要がやや衰える可能性があるものの、リムラは年金販売が歴史的な水準で好調を維持しても、社債が高いオールイン利回りを模索するリテールおよび年金勢となっており、ベビーブーマー世代の引退増加に加え、金利の上昇に伴う年金加入者への毎月の支払い増加を背景とした年金の販売拡大も寄与していると指摘した。
ブルームバーグの指数データによると、過去20年間では平均スプレッドが149bpとなっている。
 ブルームバーグのデータによると、AAA格CMBSのスプレッドは9日時点で88bpと、昨年からは減少するものの、22年当時の過去最高水準に近い規模は維持されるという。
RetirementHasIncreasedSharplyOverLastDecadeShareofciviliannon-institutionalpopulation(16&older)that'sretiredSource:FederalReserveBankofSt.Louis  米金融当局が年内に利下げに踏み切った場合も、債券の他のセクターをアウトパフォームしており、年金販売の急増が一因になっていることはほぼ間違いないと分析。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米個人向け年金販売、記録的増加ペースークレジット市場押し上げ

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう