おすすめ記事

米利上げシグナルが点灯、元FRBエコノミストがインフレ期待を指摘

記事を要約すると以下のとおり。

米金融政策当局者にとって、債券市場のインフレ見通しは政策を決定する上で重要な要素だ。
物価圧力が将来に続いていくと、トレーダーが見ていることを示している。
まだそこまでいっていないが、眉をひそめている段階だと述べた。
NY連銀総裁、利下げの緊急性感じていない-データに基づき判断(1)  18日に実施された5年物インフレ連動債の入札には旺盛な需要があり、インフレリスクを補う債券の需要が証明された。
 米金融当局には、長年にわたり政策の指針として使用してきた独自の指標があり、それは今年に入り上振れしている。
 FRBに在職中、オプションベースのモデルを作成し、フェデラルファンド(FF)金利の市場予測レンジを導き出すのに携わったダーラム氏は、「金融当局の責務に照らし合わせると、5年の見通しにおけるモデル全体の予測は抑制されていないわけではないが、長期目標よりも高いと指摘。」
10年債のタームプレミアムは今週、昨年11月より後で初めてゼロを上回った。
ダーラム氏は長期的なインフレ期待が高まり続ければ、この傾向は続くとみている。
投資家がその達成を信じていないと当局者が感じるのであれば、自分たちの本気を示す必要性をそれだけ強く感じるだろうと話した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米利上げシグナルが点灯、元FRBエコノミストがインフレ期待を指摘

Twitterでフォローしよう