おすすめ記事

米利下げ縮小を心配して株を売るのは見当違い-モルガンSスリマン氏

記事を要約すると以下のとおり。

米連邦準備制度が利下げ幅を縮小させる可能性を理由に株を売るのは見当違いだと、モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメントのアンドルー・スリモン氏が述べた。
アンドルー・スリモン氏Source:Bloomberg  2019年以来の好調を記録した1-3月の連邦公開市場委員会(FOMC)会合後に発表された当局見通しの中央値75ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)対し約65bpの年内利下げを急がないという懸念が再燃しているためだ。
米連邦準備制度よりもタカ派、市場が転換-少ない利下げ予想を見直し続け、予想される利上げ回数は年初の6回から3回程度に減っている。
「経済が弱くなれば、当局は利下げを余儀なくされるだろう」が、それはその後1年の利益見通しへの重しになると説明した。
その場合は懸念材料になるとスリマン氏は述べた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米利下げ縮小を心配して株を売るのは見当違い-モルガンSスリマン氏

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう