おすすめ記事

米商業不動産の苦境、最高格付けでもCMBSに損失-金融危機後で初

記事を要約すると以下のとおり。

米国で最高格付けを付与された商業用不動産担保証券(CMBS)が世界的な金融危機の後で初めて損失を出した。
これより下位の5つの債権者グループは全額を失った。
「こうした損失は、商業用不動産市場が最悪期に突入し始めている兆候かもしれない」と述べた。
AAAHoldersof1740BroadwayCMBSGetHitLowerrankingcreditorsarewipedoutSource:DeutscheBankAG  この物件は投資会社ブラックストーンが2014年に6億500万ドルのモーゲージを組んだ。
 同物件は下着ブランド「ビクトリアズ・シークレット」などの元親会社Lブランズが賃貸スペースの77%を占めていたが、同社は2021年に物件から手を引き、モーゲージの返済を履行しなかった。
 その後、不良債権を扱うスペシャルサービサーとブラックストーンは最近になって同物件をイエローンストーン・リアル・エステートに約1億8600万ドルで売却することで合意した。
だが、手数料などの追加損失で、債券保有者には26%の損失が出た。
「オフィス関連の債券はもっと打撃を受けるだろうが、それには一定の時間がかかる。」
当社のポートフォリオに占める伝統的な米国オフィスの割合は2%に満たない。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米商業不動産の苦境、最高格付けでもCMBSに損失-金融危機後で初

Twitterでフォローしよう