おすすめ記事

米国、クラウド企業に外国顧客の報告義務付けへ-中国との対立激化か

記事を要約すると以下のとおり。

米政府は、 アマゾン・ドット・コムや マイクロソフトなどクラウドサービスを提供する企業に対し、自社のプラットフォーム上で人工知能(AI)アプリケーションを開発している外国顧客を積極的に調査し、報告するよう求める方針だ。
 この提案が実施された場合、米政府はこれらの要件を利用して、中国企業がAIのトレーニングやホスティングに不利益をもたらす恐れがあると懸念している。
 マイクロソフト、アマゾン、グーグルの担当者に米国の通常業務時間外にコメントを求めたが、これまで返答は得られていない。
 米国は4月29日までルール案に関するコメントを要請した後、規則を最終決定する方針。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米国、クラウド企業に外国顧客の報告義務付けへ-中国との対立激化か

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう